保育士の給料には特別な手当てや天引き項目がある

子供に囲まれて仕事することに憧れる人もたくさんいます。

子供は表情が豊かで、笑顔でいるときは周囲の人を癒してくれます。

怒っているときや泣いているときはあやすのが大変ですが、やりがいもあります。

子供の成長をそばで見守って、自分自身も成長できる保育士にやりがいを感じている人もたくさんいます。



専門学校で専門知識を勉強してから就職する人もいますが、知識以上に重要なことが給料です。



子供が好きだったり、やりがいだけでは生活ができないからです。
好きなことを仕事にして生活ができるか、チェックするためにも給料について知っておきましょう。


保育士には独自の手当てや天引きの項目があります。

それが、特殊手当てと給食費です。
特殊手当てはイベントに参加したときに支給される手当です。
保育園では年間でたくさんの行事があるので、保育士には手当てが支給されるのです。また、日ごろは園児と一緒の給食を食べることになるので、給料から天引きされます。

月々のお弁当代よりも安くなるので、経済的に負担が軽いです。


お昼ごはんを自分で用意する必要がないので、手間もかかりません。

保育園によっては、負担をしてくれるところもあるので、事前に確認しておくといいでしょう。

また、求人の応募をするまえに一度は先輩の保育士の話を聞いておくといいです。

保育士の求人の情報検索をお役立てください。

保育園によって特徴や給与形態がちがうので、詳しい話を聞いておくことで働くイメージがしやすくなります。コンタクトを取ってみるといいです。